ミル打ちの魅力

結婚指輪のアレンジの一つであるミル打ちの魅力をお伝えいたしましょう。

結婚指輪まずは、おめでたいと言う意味が込められているということです。指輪のエッジやラインにマテリアルを粒状に打ち込むと言う技法がミル打ちですが、これはラテン語で千の粒を意味する「ミルグレン」と言われます。千には「永遠、子宝、長寿」という意味がありますから、結婚指輪をミル打ち加工することでよりおめでたいと言う意味になるでしょう。次に派手過ぎない上品さがありますから、男性もつけやすいと言ったことです。確かにお花柄を施すようなものでしたら、男性はつけにくいでしょうが、このようにシンプルな加工でしたら、男性もOKでしょう。そして、キズが目立たないということも魅力の一つです。こういった結婚指輪は日常使いのものですから、キズがつきやすいのですが、ミル打ちですと、キズが目立ちません。逆にちょっとしたキズであれば、あることによってアンティークさがより出て深みのある味わい深い結婚指輪になるでしょう。

このように、ミル打ちには様々な魅力があります。どの魅力もミル打ちならではの大切なものでしょう。こういった魅力を踏まえて、結婚指輪のアレンジの一つであるミル打ちをどうするか、お考え下さい。

結婚指輪のミル打ち

結婚指輪のアレンジでミル打ちという加工方法があります。どのようなものでしょうか。

ミル打ちの特徴は美しいラインでしょう。ミル打ちは「タガネ」という金工用のノミを使います。そのノミでプラチナ等の地金の粒を連続して指輪の表面に彫るのです。そうすることで、平坦ではない美しい曲線ができ、光が反射すると言う部分も増え、指輪はいっそう光り輝くようになるでしょう。これは、アンティークジュエリーによく見られる技法で、19世紀のイギリスの貴族たちが自分たちの持つ宝飾品等に用いた技法とされていますから、歴史は古いものとなります。その技術は今もなお使われ、巧みな技量がいるものです。熟練の技が活きる一品といえるでしょう。

結婚式ミル打ちのアレンジをお求めになるのであれば、職人の加工によるものがお勧めです。最近は職人の手によるものではなく、金属に単に流し込んだり、型に押し付けたりするといった方法で作られる場合もあるのです。こういった方法で作られたものは一見は綺麗ですが、やはり手作りにはかなわないでしょう。粒の間隔の均等さ等は、うまく出ないようです。

このように、ミル打ち加工のアレンジは、本当に良い物をお求めになって下さい。良い物は長持ちしますし、いつまでも輝くものでしょう。

結婚指輪のアレンジ

結婚指輪をアレンジして、個性的なものにするというカップルが増えているようです。

そのアレンジには、いろいろなものがあります。レーザー加工彫りを入れるミル打ち等が挙げられます。それぞれ、使う人のお好みに合わせ、個性的なアレンジ加工をしているようで、お二人の仲睦まじさなどが、そのアレンジ加工にも表れているでしょう。何と言いましても、結婚指輪は一生に幾つも作るというものではなく、一生ものですから、長持ちできる高品質の物が良いでしょうから、アレンジする際も指輪自体を傷つけないように、信頼できるお店で腕の確かな職人さんにお願いしなければいけません。また、アフターケアー等もきちんとしてくれるお店が良いでしょう。後々のことを考えてアレンジしないと後で後悔してしまいます。そういったことにはならないようにしたいものです。

ペアリングまた、アレンジに関する事でお二人の意見が対立してしまっては、どうにもならないでしょう。どちらかが一歩下がって相手の意見をよく聞いた上で決めるようにするとうまくまとまるということもありますから、譲歩の気持ちは忘れない方が良いです。それが夫婦生活の長い道のりの上でも大事なこととなるでしょう。そのように、よくお互いに話し合うと、良い考えも見えてきますから、どんなアレンジにしたらいいか、どのお店にお願いするか、予算はどうするかなど、具体的な策が見えてくるものです。

当サイトは皆様の結婚指輪のアレンジにお役に立つような情報をお伝え致します。結婚指輪のミル打ちについて、ミル打ちの魅力について、たっぷりとわかりやすくの説明致しますので、ご参考になさって下さい。