結婚指輪のミル打ち

結婚指輪のアレンジでミル打ちという加工方法があります。どのようなものでしょうか。

ミル打ちの特徴は美しいラインでしょう。ミル打ちは「タガネ」という金工用のノミを使います。そのノミでプラチナ等の地金の粒を連続して指輪の表面に彫るのです。そうすることで、平坦ではない美しい曲線ができ、光が反射すると言う部分も増え、指輪はいっそう光り輝くようになるでしょう。これは、アンティークジュエリーによく見られる技法で、19世紀のイギリスの貴族たちが自分たちの持つ宝飾品等に用いた技法とされていますから、歴史は古いものとなります。その技術は今もなお使われ、巧みな技量がいるものです。熟練の技が活きる一品といえるでしょう。

結婚式ミル打ちのアレンジをお求めになるのであれば、職人の加工によるものがお勧めです。最近は職人の手によるものではなく、金属に単に流し込んだり、型に押し付けたりするといった方法で作られる場合もあるのです。こういった方法で作られたものは一見は綺麗ですが、やはり手作りにはかなわないでしょう。粒の間隔の均等さ等は、うまく出ないようです。

このように、ミル打ち加工のアレンジは、本当に良い物をお求めになって下さい。良い物は長持ちしますし、いつまでも輝くものでしょう。